リンクとGoogleボットの関連性について

GoogleボットはGoogleスパイダーとも呼ばれ、その名が示す通りWebサイトという蜘蛛の巣を巡回する蜘蛛のような役割を持っています。その際にGoogleボットは、蜘蛛の糸に相当する「リンク」をたどります。

このリンクを適切に張り巡らせると、Googleボットの巡回頻度が上がり、SEO効果が表れ始めます。そのため、自身のサイト内で互いに関連するページを内部リンクでつないだり、権威あるサイトから外部リンクを貰えた場合、クローラーの巡回頻度の増加やそれに伴うアクセスアップが期待できます。

しかし、「外部リンクの購入」はご法度です。あきらかに不自然な外部リンクはスパム行為と判定され、ペナルティの対象になります。あくまでも、自然な流れで外部リンクを増やすことがSEOの観点から重要です。